メネフネ

  • 2010.07.05 Monday
  • 08:25

ウルポ・ヘイアウで、スピリチュアル・ツアーにご参加の方に、レムリア人とか、メネフネというのは、おとぎ話に出てくる妖精ではなくて、本当にいたんだっていう私的な解釈をお聞かせすることがあります。受け取り方はそれぞれだと思いますけれど、、、

昨夜、Hawaii Youth Opera Chorus というグループが、”Auli'i - the Last Menehune of Nuuanu Valley" というオペラを上演しました。最初のところがちょっとだけ見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=TipIUPtNVN0&NR=1
ステージのみんなメネフネですよ。

HYOCのメンバーは、幼稚園から高校生までの子どもたちです。オペラの原作は、James Wongという人が、HYOCのために書き下ろしたそうです。

話は、約200年前のオアフ島で、メネフネたちが戦かってばかりいるAliiたちがいる島から、昔、島が自分たちの島だったころに戻るために、200年に一度開くポータルから昔に移動するところから始まります。メネフネたちの中で、一人だけ、Auli'iという男の子が友達を探そうとして皆に遅れをとり、ポータルにたどり着いたときには、もう遅かったというのが、Youtubeにアップされている映像です。

まさに!ッて感じで、パフォーマンスが始まる前から全てが分かって、泣けてきました。昔って、レムリアのことでしょう。と、勝手に自分で解釈してました。

どうして戦うの?手に入れようとしている権利なんてどこにもないのに。っていうセリフが繰り返されました。でも、このセリフを本当に聞いてほしい人たちはこの観客の中にはいないよなーっと、一人ごちてました。

パフォーマンスが終わったあと、原作者のJamesさんがヌウアヌからカイルアに抜けるところに、このポータルは本当にあるんだよ。と一生懸命子どもたちに話してました。うん。行ってみたい。ポータルからほかの時空に行く人の話は以前にも聞いたことがありますけど、同じポータルかもしれない。

おまけ

Facebookに、今日の独立記念日のイベントとして、Hawaii Kaiで開催された花火大会のひとこまをアップしました。
一部のハワイアンにとっては、複雑な日かもしれないけど、この花火は個人の独立、自立?に万歳ってことで見てみてね。
http://www.facebook.com/?ref=home#!/video/?id=1440404576


スポンサーサイト

  • 2019.07.12 Friday
  • 08:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM