どうして占うの?

  • 2013.08.09 Friday
  • 06:59
 いやはや。乗ってますねー。連日更新中。
ま、こういうのは3年に一度あるかないかくらいですね。

で、今日のお題はどうして占うの?
です。

昨日の何を占うかというお題で大体の人が占ってほしいと言って来る内容について触れましたが、じゃ占ってどうするの?
です。

ここがはっきりしないとせっかく好い事言ってもらっても活かせないし、また悪いこと言われて、しかも、それを回避するためには、この水晶のブレスレットをいつも身につけておくといいです。みたいなセールスにまんまとひっかかりそうですよ、そこのあなた。

ここは覚えておいてほしいのですが、占いは絶対ではないです。

この例えはよく使われますが、例えば、
難関大学に合格するかどうか占ってもらって、占い師が合格すると言ったとします。
その時点では確かにその人は合格したんでしょうが、合格すると言われて今までしてきた努力を怠り、呑気に構えていたために不合格になってしまった、というのはあり得ます。
ただ、この場合この占い師にも問題があります。
占い師は合格すると言ってしまえば、この人は勉強しなくなるというところまで観てあげて、そこをフォローしてあげる必要がありました。と私は思います。

占いが絶対でないというのは、望む結果を得るためには自分で行動を起こさないといけないからです。

あー、ちょっとお題から外れてきた。。

ま、じゃあ、絶対ではない占いなんかしてどうするの?です。

それは、自分がよりよく生きるために何かしらのヒントが得たいからだと思います。

みんなどうやったら悲惨な生活を送れるか?ということを聞きに占い師のところになんか行かないと思います。

何が何でも、自分の人生をよくするためのヒントを聞いてやるんだ!
くらいの気持ちで来てくれれば、こっちも真剣になろうというものです。

いい加減なひとには、その程度のメッセージしか来ませんから、実際。

だって、いい加減なひとにいくら説明したって理解不能だし。
断っておきますが、いつもですと、大体同じようなことを2回くらい繰り返し説明して理解してないな、と思ったら今は時期ではないんだな、と思ってスルーします。

あー、また外れていきそう。。。

だからー、どうして占うのか、そんなこと考えてもみなかった人も、今後いろいろな占いをするときや、観てもらうときには、自分の人生をよくするためのヒントを得よう!という気構えでいると、もっと多くのことに気づけるかもしれませんよ。でも、最後に行動するのはあなたです。占い師があなたに変わって行動することはありません。。


わたしのリーディングは手相、タロット、数秘、霊視をミックスした占いスタイルです。
お問い合わせは
akikosanai@gmail.com  まで。



スポンサーサイト

  • 2017.11.03 Friday
  • 06:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM