時間をはずした日

  • 2010.07.26 Monday
  • 17:24
今日7月25日は「時間をはずした日」
銀河暦で新年を迎える前に、時間から開放される特別な日。
(ハワイは時差の関係で一日遅れなんです。投稿日時は日本時間なので、ややこしい。。)

世界中で音楽を中心に、この日を祝うイベントがおこなわれているようですが、
私もささやかながら、近くのHawaii Kai Retirement Home でピアノリサイタルを行いました。

クラッシックを中心に、バロックからロマン派まで。
ショパン生誕200年にあたるので、たまたま抱えている曲がショパンが多いこともあり、
半分以上ショパンで、気がついたら2時間弾きっぱなし。
生まれて初めて、ブラボーの掛け声もらった。

最後に話しかけてきてくれた、アンティーAnnのひとこと。
「時間を忘れたわ。自分がどこかに行ってしまったみたいだった。」
ブラボー。

音楽する人、絵を描く人、文章書く人、、、、 
いろいろな役割があるけれど、
私たち、ひとりひとりが宇宙を構成してるんだと、
そういう風に思うと、ワンネスの意識につながりますよ。

異星人

  • 2010.06.20 Sunday
  • 17:23
 スピリチュアル・ツアーで、日本人とレムリアのつながりについては、よく話しますが、星とのつながりについては、一部の方にしか話してないです。

ご参加の方の星度?を見て、いけるかな、って感じた方には話したかもしれませんね。

チャネリングでメッセージをお伝えした方には、だいたい星の話はあったように思います。

まあ、でも、何の話??って受け取り方が普通でしょうかね。まだまだ。

でも、以前にくらべて、普通に、あの人は金星人っぽい、とか火星人じゃないの、とかいうコメントを見かけますけどね。どうなんでしょう。

最近、子どもを見かけて、あ、星の子だってばちばちに分かる子が多いです。

この前も、ご案内したグループの中に8のエネルギーをこれでもかって、お持ちのお子ちゃまがいらっしゃいました。

2008年、8月8日、88分生まれ。88分の説明のところが、いまひとつぴんときませんでしたが、、、1時28分ってことだったっけ???、、12時28分だったかもしれない、、、ま、そんな感じでしたが、そして、お名前がエイト君。

ウルポ・ヘイアウに到着したら、ヘイアウのガーディアンであるKahu Kalamaが丁度来ていました。この方、全然ここには来ないので、あら、本当に久しぶりね。。。なんてつっついたあと、是非紹介したいから、とエイト君をご紹介。

そしたら、ハワイアン・ネームをつけてあげよう、ということになって、Maka Walu、8つの目という名前を授けてくれた。プレを一緒にして、エイトくんの背中に目を向けると、大きな星マークが!!!!Ryanに、ねえねえ、見てよこれ。最高ね。なんて、話して、名前に星も入れることにしました。Hoku Maka Walu!!いい名前。

六連星、またの名を昴、またの名をプレアデスはハワイアンが遠い昔、ここから来たと言われている星です。

でも、シリウスからも来てました。レムリアの頃のお話です。

ちなみに、私はめちゃくちゃ、シリウスっぽいです。

地球変容会議

  • 2010.01.19 Tuesday
  • 06:58
1月7日からハワイ島で開催された地球変容会議に行ってました。

UFOに乗った人の話とか、人類が本当はどこから来たかとか、フリーエネルギーの研究の現状についてとか、いろいろな話を毎年みんながハワイ島に集まってするわけです。

日本からも何人か来てらっしゃいましたよ。シータマタさんという方が日本でもハワイ島の会議のスピーカーを何人か呼んで、発表の場を持っていらっしゃるみたいです。

今回はBracoさんという方がメインの会議でした。Bracoさんについては、こちらでご覧ください。

 http://www.earthtransformation.com/Braco.htm#Schedule

集まった人たちに優しい眼差しを送るだけで癒せるという人です。

会議中、外の芝生で友達のHaleAkaとしゃべっていたら、Bracoさんが寄ってきて、Akaとおいでおいで、と輪の中に招いたとき、Bracoさんが、ハワイに来て、ほんとうにリラックスできたと言ってました。私が、思わずWelcome Back.といって、Akaが手を見せてとBracoさんに言って見せてもらったら、手のひらにMの字が出てました。これ、レムリア出身の人に顕著に現れるものです。わたしもあります。皆さんの中にもある人多いんじゃないかなー。

ということで、Bracoさん無事に里帰りしたわけでした。

ハワイに来る日本人が多いわけ、分かりますか?

あけましておめでとうございます。

  • 2010.01.16 Saturday
  • 06:57

やっと2010年になったって感じです。

なぜか、

年末に大フィナーレのように輝いていた満月がサイクルを終えて、新月になった。

日食も同時進行だったようですね。ハワイは夜だったので、日食も、もちろん新月も見えません。でも結構強烈なメッセージがきましたけど。。。

気になって、日食についてググッってみると、、、

日本はちょうど日没時の日食だったようで、下が欠けたままの太陽が沈んでいくのが西日本では観測できとか、、

日本以外の地域では金環食が観測できたところがちらほらあったとか、、、

これは意味深。。

もうひとつの新年ってかんじのする理由として、

クリスマス後、逆行を始めた水星が順行しはじめたから。

今年は、自分時計をセットしましょうね。

いままで読んできていただいた方には、何となくお分かりかと思いますが、、

時空の旅人

  • 2009.08.01 Saturday
  • 15:27
銀河の存在からのチャネリング・メッセージ:

時空の旅人であるあなたたちは、気の遠くなるような時を旅してきたのです。
そして、今という時が一番大事だということに気が付いたのです。

今、あなたが思うことを私たちも思えるように、
今、あなたができることを私たちも応援できるように、
いつもわたしたちは見守っているのです。

あなたが、わたしたちと同じ意識をもっているということに早く気づいてくれるように、

気の遠くなるような時を、光のもとへと私たちは旅してきたのです。

銀河カレンダー

  • 2009.07.02 Thursday
  • 03:52
 7月になりましたね。

7月は、私たちが地球人であると同時に銀河の存在であることに思いを馳せるには絶好の月です。

まずは、7月7日の七夕の日。
これは、ご存知のように、織姫星と呼ばれること座のベガ星、彦星と呼ばれるわし座のアルタイル星が一年に一度会うことを許される日とされてます。色々な伝説があるので、検索してみるとおもしろいですよ。

各国にある七夕伝説らしきものに共通するのは、愛し合う二人が別々の星に住む運命になったってところですかね。

これは、おとぎ話でも何でもなくて、私たちは、もともとはいろいろな星から来たって言われたら信じますか?だから、また地球人に生まれ変わるより、役目を終えて星に帰るひとも多いです。その星もいろいろありますので、とても仲のよい二人が実は別々の星に帰っていくということも充分考えられます。

そして、7月26日は銀河カレンダーでいうところの元旦です。

この日はマウイのハレアカラに行く予定です。多分。。。

ハワイ語で「太陽の家」という意味のハレアカラでは、7月26日に太陽とシリウス星が同時に昇るといわれてます。

ハワイ人はプレアデス星との関係が深いといわれてますが、ハワイがもともと幻の大陸、レムリアだったことを考えれば、シリウスとの関係もしっかりあります。

そして、日本人も星との縁が深いひとが多いんですよ。

それから、7月には皆既日食もありますね。

いろいろと銀河に思いを馳せることが多くなりそうな月ですね。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM